トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 無痛治療

無痛治療とは?痛みゼロの治療を目指しています

痛みゼロの治療を目指しています
あなたにとって歯科医院はリラックスできる場所ですか?
歯が痛むのに歯科医院に行かなくて、我慢をしたことはありませんか?

歯科医院は「行きたくない場所のベスト(ワースト)スリーにはいるそうですが、なぜなのでしょう?
痛い、怖い、歯を削る機械の音がイヤ、診療台に寝てしまうと逃げられない。
消毒くさくてイヤ。

私は歯科医師ですが、ちょっと患者様の側から考えてみました。

私が初めての歯科医院を訪れたとします。

ドアを開けると消毒液のにおいで少し緊張してきました。
診療台に通されて、いきなりイスが倒されます。 隣からは歯を削る「キーーン」と言う恐ろしげな効果音が、、、
白衣とマスクを身にまとったモンスターもうこの辺りから心臓はバクバク、緊張は最高潮!
そして白衣とマスクを身にまとったモンスターが登場。 目が笑ってる、、、

そして、予想をはるかに超える「痛み」

こわいですねー。
ほとんどホラー映画の世界です。


しかし、もし、あらかじめ、治療に伴う「痛み」がないと分かっていたら、どうでしょうか?
もし、ドクターがマスクをせずに笑顔で説明をしてくれたら、どうでしょう?

もし、治療が始まる前にカウンセリングで悩みや心配事を聞いてくれたら?
緊張や恐怖感が強ければ、治療の前に笑気ガスと言うリラックスできる麻酔法があると知っていれば?
また、医院側がそれを勧めてくれるとしたら。
(笑気麻酔とは、注射ではなく、ただ鼻からガスを吸うだけの方法です。もちろん保険が適用されます。)

パステル歯科の考える「無痛治療」

パステル歯科の考える「無痛治療」とは、患者様の不安、緊張を取り除くためのカウンセリングから始まり、患者様の状態による治療方法の提案、ドクターによる治療方法の説明とトータルに行うことこそが「無痛治療」であると考え、実践しています。

もちろん、注射による麻酔を痛くないようにする、など当たり前のことは行っています。

無痛治療のための3つのポイント

表面麻酔
表面麻酔痛くないための麻酔が痛くては元も子もありません。痛みを感じにくい注射の手順をご紹介いたします。
針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させます。この写真のジェルを歯茎に塗って表面を麻痺させます。

極力細い針の使用
表面麻酔極力細い針を使うことで、注射の痛みを減らします。針が細いほど刺す痛みを感じにくいのです。
パステル歯科医院では、現在最も細いといわれる 33ゲージを使っています。

ドクターの技術
表面麻酔痛くない麻酔には、Dr.のテクニックも必要です。麻酔の際に、針を動かさず歯茎を振動させて針を入れることにより,刺入の痛みを減らします。麻酔を注入する速度も、ゆっくり、一定に保つことで痛みを減らします。
パステル歯科医院では、すべてのDr.が 「痛くない麻酔」のテクニックを持っています。


トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 無痛治療