トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 一般歯科 » "痛みゼロ"を目指します

"痛みゼロ"を目指します

痛みゼロを目指します歯科治療では、痛みを抑えるために「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では麻酔を打つとき、表面麻酔をおこない、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを解消します。表面麻酔とは、皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるために行なう麻酔方法。患部に塗るだけで、だんだんと麻痺してきます。
また麻酔を注入するときは、麻酔剤を温めるなどの工夫を行います。より体温に近い方が、痛みを減らせるからです。ほかにも、できるだけ細い針を使用したり、麻酔が効きやすい場所に針を刺すなど、痛みを減らすためのさまざまな取り組みを行っています。


トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 一般歯科 » "痛みゼロ"を目指します