トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 歯周病の治療 » 薬で歯周病を改善する

薬で歯周病を改善する

あなたは大丈夫?歯周病について従来の歯周病治療では、専用の器具を使って、歯石やプラークなどの原因菌を取り除く治療が一般的でした。また、ひどく進行した歯周病では、奥にこびりついた歯石を取るために、歯肉を剥がすといった苦痛や痛みの伴う処理が必要でした。

そこで考え出されたのが、"歯周内科"という考え方です。具体的には、歯周内科では飲み薬と塗り薬で歯周病を改善していきます。痛みを伴う外科的な処理も必要なく、安全に歯周病を改善できる方法として、近年注目され始めている治療方法です。

歯周内科の流れ
歯周病菌検査
まず顕微鏡でお口の中の菌の状態を確認します。歯周病菌がいるのか?どういう状態になっているのか?を観察することで、正しい治療計画を考えます。治療が必要だと判断され場合、治療スタートとなります。

飲み薬(ジスロマック)を服用
1日1回2錠服用してください。

シロップ(ハリゾン)によるハミガキ
ブラシにシロップ(ハリゾン)をたっぷり付けて歯と歯茎の間にこすり付けるようにして歯磨きしてください。

除菌後の歯石とり
薬剤の服用と並行して、歯周病の原因菌の住み家である歯石除去を行います。

※ハリゾンは抗真菌剤(抗カビ剤)のひとつです。歯周病の原因は、歯周病菌と"カビ"であるカンジダ菌が関係していることが、最近になってわかってきました。


トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 歯周病の治療 » 薬で歯周病を改善する