トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 歯周病の治療 » あなたは大丈夫?歯周病について

あなたは大丈夫?歯周病について

"歯がグラグラする""歯ぐきが腫れて痛い""歯ブラシをしたときに歯ぐきから血が出る""歯がグラグラして、前歯にすき間が空いてしまった""口臭がある"
こんな歯のトラブルでお悩みの方はいませんか?このような主訴で来院された方の大半が歯周病です。

歯周病は一般的にはあまり知られてないですが、非常に恐ろしい病気です。この恐ろしい歯周病は誰にでも忍び寄る可能性のある魔の手であり、その歯周病からいかに抜け出すかというのは非常に重要なのです。

歯周病ってどんな病気だかご存知ですか?
あなたは大丈夫?歯周病についてそもそも、歯というのは何によって、支えられているでしょうか?多くの方は「歯ぐき」と答えます。しかし、実際には違います。実際には、歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられているのです。この歯槽骨が溶けてしまう病気が歯周病なのです。歯を支えている骨がなくなってしまうと、歯は支えを失って抜けてしまうのです。

溶けてしまった歯槽骨は元には戻りません(※『再生療法』とよばれる治療では骨をつくることができます)。歯周病は進行を食い止めることはできるのですが、治すことはできないのです。しかも恐ろしいことに、歯周病は痛み無く進行します。むし歯になって久しぶりに歯医者に行ってみたら歯周病が進行していたというケースも少なくありません。

歯周病が巻き起こす全身疾患
糖尿病
ご存知の通り、慢性的に血糖値が高くなり、全身の免疫力が落ちる病気です。悪化するとさまざまな合併症を引き起こすこともある怖い病気です。

肥満
肥満の人は脂肪細胞によって全身の炎症が起きているため、歯周病の炎症を悪化させやすく、また、歯周病が起こす炎症が肥満を招く一因になるともいわれています。

脳卒中
血液中の歯周病菌がアテローム性プラークをつくり、それが原因で血栓が生じ、脳の血管にまで運ばれるなどして発症します。

早産/低体重児出産
低体重児は、体重が2500グラム未満で生まれる赤ちゃんのこと。未熟児ともいわれます。 血液中で、歯周病菌の毒素や炎症物質の濃度が高まると、子宮筋が収縮し、胎児が十分に成長していない状態で出産するリスクが高まります。

誤嚥(ごえん)性肺炎
高齢者の死亡原因として多い肺炎です。口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで起こります。口腔機能の衰えから高齢者には誤嚥が多く、口内に細菌が多いと、誤嚥性肺炎を招きやすくなります。

歯周病を予防するための2つの方法
歯周病予防で大切なのは、大きく分けて2つあります。

まず、1~4か月に1度の定期的なメインテナンスを受けて、歯周病の原因である歯石(歯垢が固まったもの)を取ってもらうこと。メインテナンスに通っていれば、歯周病の早期発見にもつながります。

そして、正しいブラッシングです。野球でも何でも、全ては型・フォームから始まるでしょう?当院では患者さんのお口に合ったブラッシング方法をアドバイスしています。どうぞ、お気軽におたずねください。


トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 歯周病の治療 » あなたは大丈夫?歯周病について