トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 無痛治療 » 無痛治療のための3つのポイント

無痛治療のための3つのポイント

表面麻酔
表面麻酔痛くないための麻酔が痛くては元も子もありません。痛みを感じにくい注射の手順をご紹介いたします。
針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させます。この写真のジェルを歯茎に塗って表面を麻痺させます。

極力細い針の使用
表面麻酔極力細い針を使うことで、注射の痛みを減らします。針が細いほど刺す痛みを感じにくいのです。
パステル歯科医院では、現在最も細いといわれる 33ゲージを使っています。

ドクターの技術
表面麻酔痛くない麻酔には、Dr.のテクニックも必要です。麻酔の際に、針を動かさず歯茎を振動させて針を入れることにより,刺入の痛みを減らします。麻酔を注入する速度も、ゆっくり、一定に保つことで痛みを減らします。
パステル歯科医院では、すべてのDr.が 「痛くない麻酔」のテクニックを持っています。


トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 無痛治療 » 無痛治療のための3つのポイント