トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 症例紹介 » 女性 セレック (主訴 黒ずみ,詰め物と自分の歯の境目が気になった)

女性 セレック (主訴 黒ずみ,詰め物と自分の歯の境目が気になった)

症例写真

治療を受けての感想
今回は前歯の黒ずみ、詰め物と自分の歯の境目が気になり受診しました。ネットで調べているうちにセレックという機械で詰め物をつくるという治療法があるのを知りパステル歯科さんにお願いしました。最初はどういう感じで出来るか不安でしたが、丁寧な説明と迅速な対応をしていただき大変助かりました。治療中、麻酔やけずっている時もまったくと言っていい程、痛みを感じることなくリラックスして治療していただくことが出来ました。治療中も進行状況などを教えながらやっていただき安心することができました。最初のカウンセリングから治療まで急ぎでやって頂き、本当に感謝しております。素敵な前歯に仕上げて頂き嬉しいです。ありがとうございました。またお金を貯めて銀歯を白くしたいと思います。その時はパステル歯科さんよろしくお願いします!!

感想

医院長の返答
こちらの患者さんは、上の前歯の見た目が気になる、と言う事で当院に来院されました。
写真を見てもわかる様に、決して美しいと言える状態ではありませんでした。
カウンセリングの後、神経を残してセレックによるセラミックの歯を2本入れる、という選択をされました。
美しく仕上がり、患者さんもとても満足され、私もうれしく思います。
やはり、笑った時の歯の見え方にコンプレックスを抱いている方は多いです。これでニコッと笑えますね。
パステル歯科 院長 権藤暁曠


トップへ » 当院の特徴・治療の流れ » 症例紹介 » 女性 セレック (主訴 黒ずみ,詰め物と自分の歯の境目が気になった)