トップへ » 院長紹介・経歴 » 院内感染予防対策

"滅菌"をご存知ですか?

滅菌とは?

突然ですが、あなたは「滅菌」という言葉を耳にしたことはありますか?
「消毒」「殺菌」という言葉は日常でよく耳にすると思いますが、実はこの「滅菌」「消毒」「殺菌」の3つには大きな違いがあるのです。

消毒とは・・・細菌の活動を弱めること。人体に害のある物質を除去または無害化します。
殺菌とは・・・ある特定の細菌を殺すこと。病原性や有害性を有する微生物を死滅させます。
滅菌とは・・・すべての細菌を死滅させること。あらゆる細菌を完全に死滅、または除去します。

そうなんです。消毒や殺菌をするだけでは菌は死滅しません。
歯科医院での器具や器材による感染を防ぐためには「滅菌」を行わなければならないのです。

滅菌方法は?

一般的にはオートクレーブ(滅菌器)を使い、130℃以上の高温の蒸気によって器具や器材についている菌を死滅させます。
感染予防の先進国であるヨーロッパでは、歯科および口腔外科において使用される医療器具の滅菌に、最も厳しい小型高圧蒸気滅菌器の基準をクリアーしたクラスBの滅菌器の使用のみが推奨されています。

当院が導入している滅菌器クラスB【DACプロフェッショナル】は、その厳しいヨーロッパ基準を合格したものになります。
複雑な器具でも、隅々まで高温の水蒸気を行き渡らせ、あらゆる種類の細菌を死滅させ、安全・確実に滅菌することができるのです。

皆様に安心して治療を受けていただけるよう、パステル歯科医院ではクラスB「DACプロフェッショナル」を導入し、感染予防にも力を入れております。

DACプロフェッショナル

滅菌管理

滅菌管理また、当院ではコップやエプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)。インプラントのオペで使用するミラーやピンセットは、滅菌パックに入れて、患者さんの前で開封。診療中に使用するタオルは患者さんごとに毎回取り替えています。

滅菌管理

衛生面にも万全を期するため基本セットは、オートクレーブで完全滅菌しています。

プチクレーブプチクレーブ

歯の切削器具や小さな器具の滅菌に使用します。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 院内感染予防対策