トップへ » 院長紹介・経歴 » 院内新聞 » パステルニュース 夏号

パステルニュース 夏号

パステルニュース 夏号こんにちは。院長の権藤です。今、パステルは寿!!退社ラッシュとなっております。院長である僕としては人生の節目を迎える彼女達に「本当におめでとう。幸せになれよ」
しかし相反する経営者としての「あー人材を確保しなければ・・・」というパラノイア的な2つの相反する感情にここ数か月振り回されています。何たってここ数か月で3名の寿退社ですから。彼女らにとって、パステルでの経験がのちの人生において有益であってくれれば院長としてうれしく思うし、そういう想いでスタッフを育てているつもりです。

一期一会・・・例えば僕が北海道で歯科医院を開業していればうちのスタッフ達とは出会っていなかったでしょう。ある意味必然運命として僕はパステルのスタッフ達と出会っている訳です。ですから僕はうちのスタッフ達によくこう言います。「人は仕事というものを通じて人間的成長をしていく。極端な言い方をすれば仕事を通じてしか人は成長出来ないんだよ。」「こうして、パステル歯科で院長である僕と出会ったのも何かの運命だし、運命として出会ったのだからパステルを通じて人として成長してほしい。」僕は仕事というものはつらい事ももちろんあるけど得られるものもたくさんあります。そんな色んな想いを込めてパステルを退職している彼女らにエールを送って行きたいと想っています。「良き人生があらんことを」

最近村上春樹氏の新刊「色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年」を読み終えました。今回の小説は「ノルウェーの森」と並んで暗く、重い小説でした。。。しかしおもしろいお話しでした。

Dr.ごんの小説Bestスリー!!
1. 村上春樹「羊をめぐる冒険」
2. ガルシア マルケス「百年の孤独」
3. 安部公房「密会」

全て素晴らしい小説です。(少し難解ですが・・・)機会があればぜひ!!読んでみて下さい。

続きを読む


トップへ » 院長紹介・経歴 » 院内新聞 » パステルニュース 夏号