トップへ » 院長紹介・経歴 » まるで毎日が修学旅行だった(笑)大学時代

まるで毎日が修学旅行だった(笑)大学時代

結局ぼくは1つだけ受験した歯学部、昭和大学に入学。大学時代は「俺って歯医者に向いてないよなあ」とよく思っていました。

昔は精神科医になりたかったのに...自業自得だけど...という気持ちが根底にあったのだと思います。生まれて初めての挫折でした。

まるで毎日が修学旅行だった(笑)大学時代ぼくはもともと友達は多かったので楽しい大学生活を送りました。ぼくの通っていた大学は1年生の1年間、山梨県の富士山の麓で全寮制を強いられます。

なんと男5人部屋です。2段ベッドが3つに勉強部屋!「フーっ、これから1年、このむさい奴らと共同生活かよ......」

大学1年は教養課程だから1番楽で時間があるんですよね。ホントため息が出ました。

まるで毎日が修学旅行だった(笑)大学時代が、しかし、慣れるとこれがホント楽しいんですよ。毎日が修学旅行です。酒を飲んで大騒ぎ、風呂に入れば水をかけあって大騒ぎ。ほとんど、ガキです。

退寮の前日なんて大の男が20人位集まって、最後の晩餐。みんな、離れたくなくてさびしい顔してるんですよ。本当にいい経験でした。この頃仲良くなった友人たちは今でもぼくの大切な友人たちです。


トップへ » 院長紹介・経歴 » まるで毎日が修学旅行だった(笑)大学時代