2009年3月29日 - 2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月12日 - 2009年4月18日

2009年4月10日

受付:志賀 仁美

スタッフ紹介職種:受付
星座:天秤座
血液型:O型
趣味:バドミントン
患者様へひとこと:いつでも明るく笑顔でお待ちしています。

関連ページ

院内ツアー・院内設備スタッフ紹介歯科衛生士募集院内新聞ニュース
アクセス・診療時間プライバシーポリシーリンク集

【むし歯治療】できるだけ削らない・痛みの少ない治療

【むし歯治療】できるだけ削らない・痛みの少ない治療

"歯を削られるのはイヤだ""治療するのは痛い"
そんな不安から、むし歯をそのまま放置している方はいませんか?
どうぞ、ご安心ください。当院では、「なるだけ削らない・痛くない」をモットーに、患者さんへの負担が少ない歯科治療を行っています。

このコンテンツでは、当院のむし歯治療についてご紹介いたします。

"できるだけ歯を削らない治療計画"を考えます
"痛みゼロ"を目指します

"できるだけ歯を削らない治療計画"を考えます

できるだけ歯を削らない治療計画を考えますむし歯を治療して欲しいけど、できるだけ歯は削りたくないもの。そこで当院では治療計画を立てる際、なるだけ歯を削らず、健康な歯を残せるような方法をまずご提案します。

確かに、一昔前の治療方法では、むし歯は削って治すという考え方が主流でした。しかし、現在では治療方法や素材はドンドン進歩しています。たとえば、初期のむし歯なら削らずフッ素塗布などの処理を行えば、改善できるケースもあるのです。

歯は一度削ってしまうと、二度と元の状態には戻りません。
当院では、患者さんの健康な歯をできるだけ残すためにも、できるだけ削らない治療を心がけています。

"痛みゼロ"を目指します

痛みゼロを目指します歯科治療では、痛みを抑えるために「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では麻酔を打つとき、表面麻酔をおこない、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを解消します。表面麻酔とは、皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるために行なう麻酔方法。患部に塗るだけで、だんだんと麻痺してきます。
また麻酔を注入するときは、麻酔剤を温めるなどの工夫を行います。より体温に近い方が、痛みを減らせるからです。ほかにも、できるだけ細い針を使用したり、麻酔が効きやすい場所に針を刺すなど、痛みを減らすためのさまざまな取り組みを行っています。

2009年4月 9日

受付:金子 恵理香

スタッフ紹介職種:受付
星座:双子座
血液型:B型
趣味:長渕剛の音楽を聴く事
患者様への一言:日本歯科TC協会 トリートメントコーディネーター 取得
これから宜しくお願いします!!

受付:田中 地洋

スタッフ紹介職種:受付
血液型:A型
趣味:御朱印集め、スノーボード
患者様への一言:皆様が快適に過ごせるように頑張ります。

【歯周病治療】歯肉が痛い、血が出るという方へ

【歯周病治療】歯肉が痛い、血が出るという方へ

"年をとってきたから......""うちの家系は歯ぐきが弱いから......"
と、歯周病をあきらめていませんか?

歯周病の主な原因は、遺伝や加齢によるものだけではありません。あくまで歯周病は、歯周病菌によっておこる「炎症反応」。基本的には、菌を除去すれば歯周病の進行は止められるのです。このページでは当院の歯周病治療についてご紹介します。

薬で歯周病を改善する
あなたは大丈夫?歯周病について

薬で歯周病を改善する

あなたは大丈夫?歯周病について従来の歯周病治療では、専用の器具を使って、歯石やプラークなどの原因菌を取り除く治療が一般的でした。また、ひどく進行した歯周病では、奥にこびりついた歯石を取るために、歯肉を剥がすといった苦痛や痛みの伴う処理が必要でした。

そこで考え出されたのが、"歯周内科"という考え方です。具体的には、歯周内科では飲み薬と塗り薬で歯周病を改善していきます。痛みを伴う外科的な処理も必要なく、安全に歯周病を改善できる方法として、近年注目され始めている治療方法です。

歯周内科の流れ
歯周病菌検査
まず顕微鏡でお口の中の菌の状態を確認します。歯周病菌がいるのか?どういう状態になっているのか?を観察することで、正しい治療計画を考えます。治療が必要だと判断され場合、治療スタートとなります。

飲み薬(ジスロマック)を服用
1日1回2錠服用してください。

シロップ(ハリゾン)によるハミガキ
ブラシにシロップ(ハリゾン)をたっぷり付けて歯と歯茎の間にこすり付けるようにして歯磨きしてください。

除菌後の歯石とり
薬剤の服用と並行して、歯周病の原因菌の住み家である歯石除去を行います。

※ハリゾンは抗真菌剤(抗カビ剤)のひとつです。歯周病の原因は、歯周病菌と"カビ"であるカンジダ菌が関係していることが、最近になってわかってきました。

あなたは大丈夫?歯周病について

"歯がグラグラする""歯ぐきが腫れて痛い""歯ブラシをしたときに歯ぐきから血が出る""歯がグラグラして、前歯にすき間が空いてしまった""口臭がある"
こんな歯のトラブルでお悩みの方はいませんか?このような主訴で来院された方の大半が歯周病です。

歯周病は一般的にはあまり知られてないですが、非常に恐ろしい病気です。この恐ろしい歯周病は誰にでも忍び寄る可能性のある魔の手であり、その歯周病からいかに抜け出すかというのは非常に重要なのです。

歯周病ってどんな病気だかご存知ですか?
あなたは大丈夫?歯周病についてそもそも、歯というのは何によって、支えられているでしょうか?多くの方は「歯ぐき」と答えます。しかし、実際には違います。実際には、歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨によって支えられているのです。この歯槽骨が溶けてしまう病気が歯周病なのです。歯を支えている骨がなくなってしまうと、歯は支えを失って抜けてしまうのです。

溶けてしまった歯槽骨は元には戻りません(※『再生療法』とよばれる治療では骨をつくることができます)。歯周病は進行を食い止めることはできるのですが、治すことはできないのです。しかも恐ろしいことに、歯周病は痛み無く進行します。むし歯になって久しぶりに歯医者に行ってみたら歯周病が進行していたというケースも少なくありません。

歯周病が巻き起こす全身疾患
糖尿病
ご存知の通り、慢性的に血糖値が高くなり、全身の免疫力が落ちる病気です。悪化するとさまざまな合併症を引き起こすこともある怖い病気です。

肥満
肥満の人は脂肪細胞によって全身の炎症が起きているため、歯周病の炎症を悪化させやすく、また、歯周病が起こす炎症が肥満を招く一因になるともいわれています。

脳卒中
血液中の歯周病菌がアテローム性プラークをつくり、それが原因で血栓が生じ、脳の血管にまで運ばれるなどして発症します。

早産/低体重児出産
低体重児は、体重が2500グラム未満で生まれる赤ちゃんのこと。未熟児ともいわれます。 血液中で、歯周病菌の毒素や炎症物質の濃度が高まると、子宮筋が収縮し、胎児が十分に成長していない状態で出産するリスクが高まります。

誤嚥(ごえん)性肺炎
高齢者の死亡原因として多い肺炎です。口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで起こります。口腔機能の衰えから高齢者には誤嚥が多く、口内に細菌が多いと、誤嚥性肺炎を招きやすくなります。

歯周病を予防するための2つの方法
歯周病予防で大切なのは、大きく分けて2つあります。

まず、1~4か月に1度の定期的なメインテナンスを受けて、歯周病の原因である歯石(歯垢が固まったもの)を取ってもらうこと。メインテナンスに通っていれば、歯周病の早期発見にもつながります。

そして、正しいブラッシングです。野球でも何でも、全ては型・フォームから始まるでしょう?当院では患者さんのお口に合ったブラッシング方法をアドバイスしています。どうぞ、お気軽におたずねください。

2009年4月 8日

【矯正歯科】歯並びが整うだけじゃない。矯正の本当のメリット

【矯正歯科】歯並びが整うだけじゃない。矯正の本当のメリット

"歯並びが気になって、人前で大きな口を開けて笑えない"
"口もとの自信のなさから、思い切りオシャレを楽しめない"

そんな悩みを抱えている方はいませんか?
こうした悩みを解決するのが矯正歯科治療です。

このページでは、矯正歯科についてご紹介します。

放っておくとどうなるの?
矯正にはどんなメリットがあるの?

放っておくとどうなる?

放っておくとどうなる?悪い歯並びを放っておくと、将来的にむし歯と歯周病になるリスクが高くなります。
たとえば、散らかった部屋を想像してみてください。掃除がしにくいと、汚れはドンドンたまっていきます。"毎日ちゃんと歯を磨いているのに、むし歯になってしまう""何度も同じ箇所ばかりむし歯になる"というのも、歯並びが大きく関係しているといわれます。

また、"笑うときに、自分の口もとに手を当てて笑っている""写真を撮るときに、笑顔に自信がないので、笑顔になれない"自分に自信が持てず、積極的になれない"など、心理的なデメリットも忘れてはなりません。

矯正にはどんなメリットがあるの?

矯正にはどんなメリットがあるの?"笑顔に自信を持てるようになった"という声はよく聞く話。他にも、"口紅をつけるのが、楽しくなった""食べ物がおいしくなった""積極的に人前で話せるようになったので、営業成績もアップ!"など、数え上げれば、キリがありません。

また、特に当院では、矯正治療は"自分の歯を大切に守るための最大の予防"だと考えています。きちんとブラッシングができることで、むし歯・歯周病になりにくくなるといったメリットもあるからです。

矯正治療は、素敵な笑顔と、自分の歯で一生美味しいものを食べられる生活を手に入れられる素晴らしい治療です。"歯並びが気になる""子どもに矯正を受けさせたい"という方、ぜひ当院までご相談ください。

※症例によっては矯正専門医におまかせする場合もあります。ご了承ください

2009年4月 7日

【口腔外科】親知らずでお悩みの方へ

親知らずの抜歯

「横から生えているので、大学病院で抜いてもらった」
親知らずを抜くとき、こんな苦労をされた方がいらっしゃると思います。

親知らずが歯肉の下に隠れていたり、横に生えていたりすると、抜歯をするとき血管や神経を傷つける恐れがあります。そのため一般の歯科医院では治療は難しく、専門医と設備が整っている大学病院などの口腔外科で抜歯することになります。もちろん紹介状は出してくれますが、できることならかかりつけの歯科医院で診てもらいたいと思う方も多いことでしょう。

当院の診療科目には口腔外科がありますので、親知らずでお困りの方でも、わざわざ大学病院や、専門の医院に行かなくても治療ができます。

「親知らずが痛む」「親知らずのようだが遠くの医院まで行くのは嫌だ」という方、ぜひ当院までご相談ください。


2009年3月29日 - 2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月12日 - 2009年4月18日