2009年4月 9日 « トップへ » 2009年4月13日

2009年4月10日

受付:志賀 仁美

スタッフ紹介職種:受付
星座:天秤座
血液型:O型
趣味:バドミントン
患者様へひとこと:いつでも明るく笑顔でお待ちしています。

関連ページ

院内ツアー・院内設備スタッフ紹介歯科衛生士募集院内新聞ニュース
アクセス・診療時間プライバシーポリシーリンク集

【むし歯治療】できるだけ削らない・痛みの少ない治療

【むし歯治療】できるだけ削らない・痛みの少ない治療

"歯を削られるのはイヤだ""治療するのは痛い"
そんな不安から、むし歯をそのまま放置している方はいませんか?
どうぞ、ご安心ください。当院では、「なるだけ削らない・痛くない」をモットーに、患者さんへの負担が少ない歯科治療を行っています。

このコンテンツでは、当院のむし歯治療についてご紹介いたします。

"できるだけ歯を削らない治療計画"を考えます
"痛みゼロ"を目指します

"できるだけ歯を削らない治療計画"を考えます

できるだけ歯を削らない治療計画を考えますむし歯を治療して欲しいけど、できるだけ歯は削りたくないもの。そこで当院では治療計画を立てる際、なるだけ歯を削らず、健康な歯を残せるような方法をまずご提案します。

確かに、一昔前の治療方法では、むし歯は削って治すという考え方が主流でした。しかし、現在では治療方法や素材はドンドン進歩しています。たとえば、初期のむし歯なら削らずフッ素塗布などの処理を行えば、改善できるケースもあるのです。

歯は一度削ってしまうと、二度と元の状態には戻りません。
当院では、患者さんの健康な歯をできるだけ残すためにも、できるだけ削らない治療を心がけています。

"痛みゼロ"を目指します

痛みゼロを目指します歯科治療では、痛みを抑えるために「麻酔」をかけますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では麻酔を打つとき、表面麻酔をおこない、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを解消します。表面麻酔とは、皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるために行なう麻酔方法。患部に塗るだけで、だんだんと麻痺してきます。
また麻酔を注入するときは、麻酔剤を温めるなどの工夫を行います。より体温に近い方が、痛みを減らせるからです。ほかにも、できるだけ細い針を使用したり、麻酔が効きやすい場所に針を刺すなど、痛みを減らすためのさまざまな取り組みを行っています。


2009年4月 9日 « トップへ » 2009年4月13日