2009年4月17日 « トップへ » 2009年4月20日

2009年4月19日

【審美歯科】いわば歯の美容整形。美しい口もとをつくる

【審美歯科】いわば歯の美容整形。美しい口もとをつくる

"笑うと銀歯が見えて気になる" "歯や歯肉の色が気になる" "笑顔に自信を持ちたい"
という悩みを抱えている方はいませんか?
そんな方にオススメなのが"審美歯科治療"です。

審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のこと。最近では、気軽に白く健康的な歯を手に入れられることから、「歯の美容整形」とも言われています。

このページでは当院の審美歯科メニューについてご紹介します。

<歯の黄ばみ・着色・ヤニを取りたい>
歯のクリーニング【PMTC】
歯を漂白。白く美しい歯に【ホワイトニング】

<銀歯・歯の変色が気になっている>
白く美しい「かぶせもの」
白く美しい「つめもの」
歯を"ネイルチップ"で美しく見せる【ラミネートベニア】

>>審美歯科の料金表
>>審美歯科の症例紹介
>>より詳しく知りたい方は専門サイトへ 審美歯科・インプラント専門サイトへ

歯のクリーニング【PMTC】

お口の中がサッパリ。眠ってしまう方も
歯のクリーニングPMTC歯科医師、歯科衛生士などの専門家が歯のクリーニング専用の器機を用いて、専門的にお口の中の清掃を行うのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。

プラーク(歯垢)や歯石が成長すると、バイオフィルムと呼ばれる歯磨きでは取れない汚れになります。PMTCはこれらの汚れを除去し、歯の白さや健康な歯肉を取りもどします。むし歯、歯周病の予防だけでなく、口臭の改善などにも効果があります。

最近では、PMTCを受けるためにサロン感覚で通う方も増えています。

<PMTCの特徴>
・歯の表面についた着色・ヤニを取り除く
・歯の白さや健康な歯肉を取り戻せる
・爽快感があって気持ちがいい

歯を漂白。白く美しい歯に【ホワイトニング】

歯を漂白。白く美しい歯に【ホワイトニング】歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない加齢や、遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法です。ホワイトニングには、大きく分けて3つの方法があります。

自分のペースでできるホワイトニング【ホームホワイトニング】
「ホームホワイトニング」とは、歯科医から指導を受け、ご自宅にて患者さんご自身が行うホワイトニングのことを言います。患者さんの歯並びにフィットしたマウストレーを作成し、それに低濃度のホワイトニング剤を注入して装着するだけ。手軽にできるのが特徴です。

毎日2~8時間装着しているだけで、2~4週間程度で歯が白くなっていきます。仕事や学校など、忙しい方にお勧めできる治療法です。

<ホームホワイトニングのメリット>
・低濃度の薬剤を使用するため、痛みが少ない
・透明感のある自然な白さを得ることができる
・ご自身のペースでホワイトニングができる

<ホームホワイトニングのデメリット>
・効果発現が遅い
・象牙質やエナメル質が厚い歯では効果が得られるまで期間がかかる

●ホームホワイトニング ジェル4本付き
<料金>40,000円(税別)

たった1回の通院で白い歯に【オフィスホワイトニング】
歯科医院にてホワイトニングを行うことを言います。施術時間1時間30分程、たった一回の通院で、歯が白くなりますので、お急ぎの方に向いております。ただ、ホームホワイトニングよりも強い薬剤を使用するため、染みることがあります。

白さをさらに追求したい場合、白さをさらに追求したい場合にオススメです。

たった数回の通院で白い歯に【オフィスホワイトニング】<オフィスホワイトニングのメリット>
・効果発現が早い

<オフィスホワイトニングのデメリット>
・後戻り(リバウンド)が早い

●オフィスホワイトニング 上下の前歯
<料金>20,000円(税別)

オフィスとホームの長所を取り入れた【デュアルホワイトニング】
「デュアルホワイトニング」とは、[オフィスホワイトニング]と[ホームホワイトニング]の両方を組み合わせたものです。[オフィスホワイトニング]をし、約1週間後から[ホームホワイトニング]をすることで、
より歯を白くし、継続的にその白さを保っていきます。短期間でかつ、その後もより歯の白さをキープされたい方にオススメです。

<デュアルホワイトニングのメリット>
・効果発現が最も早い
・色が比較的後戻りしにくい

<デュアルホワイトニングのデメリット>
・治療費が最も高い

<料金>50,000円(税別)

ホワイトニングできない方
以下に該当する方は、ホワイトニングできません。

・ホワイトニング部位に、虫歯、重度の歯周病、神経の無い歯、被せた歯、エナメル質形成不全、エナメル質に亀裂が入っている、象牙質形成不全、重篤な変色歯がある方
・無カタラーゼ症の方
・妊娠中の方

白く美しい「かぶせもの」

オールセラミッククラウン
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用したかぶせものです。内部に金属を一切使用していないため、歯を自然な色合いにしていきます。長く使用しても変色することもありません。歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが見えないといった特徴もあります。

主に目立ちやすい前歯に使用することで、白く美しい表情を手に入れることができます。金属アレルギーの心配もなく、どなたにも安心の治療法です。

オールセラミック<オールセラミックのメリット>
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・歯並びやかみ合わせの改善にも利用できる
・金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもオススメ

<オールセラミックのデメリット>
・歯を削る量が比較的多い
・保険外の治療なので、値段が高い

メタルボンドクラウンメタルボンドクラウン
金属でできた「かぶせもの」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。金属部分が見えないため、見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さんがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです(オールセラミックはすべて"セトモノ"でできているため、メタルボンドに比べると割れやすい)。

<メタルボンドのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

ハイブリッドセラミッククラウンハイブリッドセラミッククラウン
これはセラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた「かぶせもの」です。オールセラミックよりもやわらかく、他の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。とはいえ、年数がたつと変色してしまうといったデメリットもあります。

<ハイブリッドセラミッククラウンのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい

<ハイブリッドセラミッククラウンのデメリット>
・色素が付着しにくく、変色がない
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
・数年経つと、若干、変色することがある

>>審美歯科の料金表
>>審美歯科の症例紹介

白く美しい"つめもの"

オールセラミックインレー
「オールセラミックインレー」とは、セラミック製のインレー(つめもの)です。従来の金属のつめものでは、目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていました。しかし、白くて透明感のあるセラミックを金属の代わりにつめることで、それらの問題をクリアすることができました。

<オールセラミックインレーのメリット>
・自然な白さがあり、質感・強度ともに問題ない
・金属アレルギーの方も安心して利用できる

<オールセラミックインレーのデメリット>
・保険外治療のため、値段が高い

>>審美歯科の料金表
>>審美歯科の症例紹介

歯を「ネイルチップ」で美しく見せる【ラミネートベニア】

歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼り付ける治療方法です。

みなさんもよく使っているネイルチップ(付け爪)みたいなものを想像してください。歯の隙間をこのチップで隠すことで、「すきっ歯」の治療にも有効です。

<ラミネートベニアのメリット>
・歯を削る量が少なく、治療回数を減らすことが可能
・ホワイトニングに比べ後戻りがない
・すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる

<ラミネートベニアのデメリット>
・歯を少し削る必要がある
・接着剤で固定しているので、はがれることがある

>>審美歯科の料金表
>>審美歯科の症例紹介


2009年4月17日 « トップへ » 2009年4月20日