2009年 « トップへ » 2011年

2010年12月14日

2010年11月 患者様アンケートより

2010年11月 患者様アンケートより
 

2010年11月17日

2010年10月 患者様アンケートより

2010年10月 患者様アンケートより
 

2010年9月 2日

2010年9月 患者様アンケートより

2010年9月 患者様アンケートより
 

2010年8月 患者様アンケートより

2010年8月 患者様アンケートより
 

2010年8月10日

2010年7月 患者様アンケートより

2010年7月 患者様アンケートより
 

2010年8月 5日

顎関節症

 こんにちは。西船橋、パステル歯科の権藤です。

 あくびをすると、顎が痛い。
口を開けると、顎がカクカクする。
首の辺りの筋肉が痛い。

 顎関節症の疑いがあります。

 放置しておくと、食事をとるのも、おっくうで食べれない、、

 ここ2~3年で、顎関節症の人がすごく増えた気がします。

 病態はまだまだ、解りづらい病気ですが、寝ている間の、食いしばりや
歯ぎしりが原因となる事が多いようです。

 マウスピースやリハビリでほとんどの方が治ります。


 パステル歯科医院では顎関節症の相談、治療を行っています。
お困りの方は、当院のホームページを見てみて下さい。

         http://www.pastel-dc.com/

2010年7月23日

知っておきたい!歯のトラブルと、その治療方法

知っておきたい!歯のトラブルと、その治療方法

知っておきたい!歯のトラブルと、その治療方法  目次
はじめに
第1章~パステル歯科医院のむし歯治療
第2章~パステル歯科医院の歯周病治療
第3章~パステル歯科医院のインプラント治療
終わりに

「知っておきたい!歯のトラブルと、その治療方法」小冊子ダウンロード
(2.0MB)

2010年7月 9日

2010年6月 患者様アンケートより

2010年6月 患者様アンケートより
 

2010年7月 6日

口臭

 こんにちは。パステル歯科、院長の権藤です。

 みなさん、人の口臭って、かなり気になりますよね?
でも、自分の口臭には気づかない事が多いようです。

 口臭の原因は主に、微生物、細菌です。
歯周病の人は歯周病菌が口の中にいる訳ですがら、口臭がするのは当然と
言えます。

 口臭を解決したい方、口臭を予防したい方は、やはり歯周病を治療する。
歯周病、虫歯を積極的に予防していく!
 これにつきます!

2010年7月 2日

歯科衛生士を募集しています。

歯科衛生士としての「やりがい」を味わいたい、あなたへ

あなたは歯科衛生士としてのやりがいを感じて、日々、仕事をされていますか?

歯科衛生士を募集していますもし、あなたが日々の仕事の中で歯科衛生士としてのやりがいを感じられているのであれば、それは素晴らしい職場でお勤めなんだと思います。これからも患者様と医院とご自分の成長のためにがんばって下さい。

もし、あなたが日々の仕事の中で歯科衛生士としてのやりがいを感じられていないのであれば、やりがいを感じられる職場に移ることも1つの選択肢なのではないでしょうか。

なぜなら、日々の仕事の中でやりがい、達成感、充実感を感じられない仕事ほど、辛くしんどいものはないからです。

衛生士学校を卒業した当初は条件だけで勤務先を選んだものの、日々の仕事にやりがいを見出せず、「このままで良いのかな?」という漠然とした不安を持ちながら何となく歯科衛生士を続けている方が多くいらっしゃいます。

もし、あなたが今の仕事にやりがい、達成感、充実感を感じることができず、仕事を辛い、しんどいと思いながらしているのであれば、条件ではなくやりがい、達成感、充実感を感じられる職場への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

歯科衛生士を募集しています私はJR西船橋駅から徒歩3分の場所で開業しているパステル歯科医院 院長 権藤暁曠です。

これまで、うちの歯科医院で勤めていた衛生士さんはよく頑張って勤めてくれました。それは条件がすごく良いからではないと思います。

条件が悪いとは思いませんが、条件が飛びぬけて良いわけではありません。
うちで勤める衛生士さんにとっては条件よりも何よりも、

* 衛生士としてのやりがい
* 衛生士としての達成感
* 衛生士としての充実感
* 衛生士としての喜び

を感じているからこそ、うちの医院で長く勤めてくれているんだと思います。

では、どうしてそんなにやりがい、達成感、充実感を感じているのでしょうか?それは次のような理由だと思います。

Pの初期治療から予防までを担当できる患者様担当制

当院ではPの初期治療から治療終了後の予防まで一貫して1人の衛生士が担当させていただくことになっています。

歯科衛生士を募集しています患者様は痛みだけでなく、様々な悩みを抱えていらっしゃいます。なかなか歯科医師には言えない悩みも衛生士には打ち明けて下さることも多いようです。「患者様に良くなってもらいたい」という強い想いで患者様のお悩みをどのようにしたら解決できるかを一緒に考えます。

患者様のお悩みが解決され、患者様が良くなってくださるのは衛生士にとって本当にうれしいことです。

また、患者様の治療が終わってからも、3か月に1度、予防に通ってくださいます。
患者様と定期的にお会いすることで、患者様と衛生士の間には強い信頼関係が構築されます。

患者様から
「あなたの顔を見れるのが楽しみで来てるの」
「あなたと話できるのがいつも楽しみなの」
「あなたにケアをしてもらってるお陰で健康な歯で美味しいものを食べられて本当に感謝してるのよ」

とおっしゃっていただけることが衛生士にとっては何よりの喜びのようです。

「自分は必要とされている」
「自分は人の役に立っている」

担当制によって、そう実感できることが衛生士たちのやりがいにつながっているようです。

共に助け合い、支え合い、励まし合い、高めあえるスタッフの存在

当院のスタッフは診療後、皆で集まって、何やら話し合いをしています。どんな話をしているのかというと・・・

・その日の診療についての申し送り
・どのスタッフをどの衛生士が担当するか
・その患者様についての情報共有
・これから医院でどのようなことをしていくかについての打ち合わせ

これを毎日、行っているのです。
やる気のない衛生士さんにとっては負担でしかありません。
しかし、このような時間に他のスタッフからアドバイスがもらえますし、悩みを相談することもできます。

1人の問題を全員が把握して、全員が解決策を考え、アドバイスします。
これまで当院のスタッフが長く勤務してくれたのは環境の力が大きいように思います。

皆が医院のことを考え、皆が他のスタッフのことを真剣に考えて、全力で仕事をするメンバーが多い環境があったからこそ、多くのメンバーがそれを当たり前と思い、仕事を続けて来てくれたのかもしれません。

スタッフの自主性が活かされる医院作り

歯科衛生士を募集しています当院では、スタッフが様々な取組を行ってくれています。

・スタッフ手作りの院内新聞を3か月に1回、発行
・子ども向けの予防クラブ「ハッピークラブ」
・定期的なイベント
・院内でのスタッフ歓迎イベント

などなど。

そのような取組みをスタッフが中心となってやってくれています。大変だと思います。大変なのが悪いことで、楽なのが良いとは限らないと私は思うのです。

歯科衛生士を募集していますスタッフ自らが
「どうしたらもっと患者様に喜んでいただけるか」
「どうしたらもっと良い歯科医院にできるのか」
「どうしたらもっと良い治療ができるのか」

ということを考え、それを実行し、形にしていくことはやりがいになると思うのです。

「自分は単なる雇われの身で、言われたことだけ、やっていればいいんだ」
というのも1つの仕事のスタンスだと思います。

歯科衛生士を募集していますしかし、当院のスタッフは
「自分たちが医院を良くするんだ」
「自分たちが医院を支えているんだ」

というスタンスで仕事をしているからこそ、仕事にやりがい、充実感、達成感を感じているのではないかと思います。

実際は、どんな歯科医院なのかは是非、見学にいらして確認してみてください。
見学大歓迎です。

募集要項
歯科衛生士
給与:23万円~
※その他、大入り、目標達成報奨金などあり
※歯科医師国保、厚生年金、雇用保険あり

勤務時間
<火・土>
午前  9:30~13:00
午後 14:30~18:00
<月・水・金>
午前  9:30~13:00
午後 14:30~20:00

休診日
木曜、日曜、祝日

採用応募はこちら
047-495-4333
または下記フォームから

採用応募フォームはこちら

2010年6月23日

2010年4月 患者様アンケートより

2010年4月 患者様アンケートより
 

2010年3月 患者様アンケートより

2010年3月 患者様アンケートより
 

2010年2月 患者様アンケートより

2010年2月 患者様アンケートより

2009年12月 患者様アンケートより

2009年12月 患者様アンケートより
 

2009年10月 患者様アンケートより

2009年10月 患者様アンケートより
 

2009年9月 患者様アンケートより

2009年9月 患者様アンケートより
 

2009年8月 患者様アンケートより

2009年8月 患者様アンケートより
 

2009年7月 患者様アンケートより

2009年7月 患者様アンケートより
 

2009年6月 患者様アンケートより

2009年6月 患者様アンケートより
 

2009年5月 患者様アンケートより

2009年5月 患者様アンケートより
 

2009年4月 患者様アンケートより

2009年4月 患者様アンケートより
 

2009年2月 患者様アンケートより

2009年2月 患者様アンケートより
 

2009年1月 患者様アンケートより

2009年1月 患者様アンケートより

2008年12月 患者様アンケートより

2008年12月 患者様アンケートより
 

2008年10月 患者様アンケートより

2008年10月 患者様アンケートより
 

2008年7月 患者様アンケートより

2008年7月 患者様アンケートより
 

2008年6月 患者様アンケートより

2008年6月 患者様アンケートより
 

2008年5月 患者様アンケートより

2008年5月 患者様アンケートより
 

2008年2月 患者様アンケートより

2008年2月 患者様アンケートより

2007年10月 患者様アンケートより

2007年10月 患者様アンケートより
 

2007年9月 患者様アンケートより

2007年9月 患者様アンケートより
 

2007年8月 患者様アンケートより

2007年8月 患者様アンケートより
 

2007年7月 患者様アンケートより

■アットホームなところがよいです。ありがとうございました。
(30代女性)

■キレイだし、印象がすごく良い。先生も優しいし、治療も痛くなかった。
(10代女性)

■先生、スタッフの皆様の人柄、そのまま明るい雰囲気、赤ちゃん連れでも通えるように配慮してくださった点。長年悩んでいた右下の痛みがすっかりなくなり、物が噛めるようになりました。ありがとうございました!!
(30代女性)

■質問に丁寧に答えて頂けて治療内容を理解しやすかった。
(20代男性)

■歯周病であることを教えてくれたところ。以前通っていた歯科では指摘してくれなかった。
(30代男性)

■治療以外でも通いたい!!
(40代男性)

■細かい説明で、親切に教えていただき大変満足です。今まで歯医者さんの中で一番よかったです。
(20代女性)

■みんなが親切、丁寧に治療してくれたと思っています。先生などに歯のことを尋ねやすかった。
(30代女性)

■安心して通院しております。歯医者さんらしくなくて、次回の通院日が楽しみです。
(60代女性)

■院内が明るく、スタッフ間のチームワークもよく出来ていると思う。ドクターとスタッフのコミュニケーションもよく出来ていてとても良い医院だと思う。
(40代女性)

■子どもが怖がらないように、優しく楽しい雰囲気にしてくださり、今後もずっと通いたいと思いました。ありがとうございました(4歳、2歳男児の母)

■ご相談して本当によかったです。左下奥歯のことが今後気になりますが、自分の状態を知れてよかったと思います。ありがとうございました。
(30代女性)

■歯みがき指導を丁寧にして頂き、感謝していいます。一度ゆっくり教えないとと思いつつ、今まで来てしまいました。続けていってほしいです。
(9歳女児の母)

■すごく優しく安心できました。話しやすくて良かったです。歯の磨き方まで教えてもらえて助かりました。
(30代女性)

■虫歯の状態をカメラで見せてもらったので、とてもよくわかりました。先生が優しくて子どもも安心して治療できそうです。
(8歳女児の母)

■子どもにご褒美がありがたいです。怖がらないようにミッキーマウスのヘッドカバーがかわいかったです。子どもも和んでいました。
(5歳男児の母)
 

2007年6月患者様アンケートより

■親子共々楽しみながら(!?)通院できました。ありがとうございました。また宜しくお願いいたします。
(7歳、3歳女児の母)
■こんなに明るい笑いのある歯科はないです。
(40代女性)

■歯があまり痛まず、良く治療してくれます。歯の説明もしてくれるので安心です。
(60代女性)

■歯科でもマスクで目だけがのぞいているというコミュニケーションをとる上で、何か足りない気がしていましたが、貴院では説明のときはマスクを取って直接話ができ、表情が見えるので安心しました。また、説明を患者の私の理解度に合わせてしていただけるのでまた来たいという気持ちになれます。実際、知り合いにも紹介しています。
(30代女性)

■歯周病についてあまり考えてこなかったが、これを期に今まで以上に大事にするように考えました。
(30代男性)

■何でも聞きやすく安心して治療が受けられました。皆さん優しくして嬉しかったです。歯医者さんに来てこんな気持ちで帰れるのは初めてです。
(40代女性)

■自分の歯の映像で見れてビックリ! 初めてしっかりみたのですごく良かったです。説明が分かりやすくて良かったです。今後も安心して通えそうです。ありがとうございました。
(30代女性)

■ひとりひとり時間をかけて治療してくださるので、大変良かったです。病院の感じもスタッフの方々の感じもとてもフレンドリーで安心できました。
(6歳女児の母)

■ありがとうございました。歯医者のイメージが変わりました。
(30代男性)
 

2007年5月患者様アンケートより

■いつもお世話になっております。歯の治療にとても時間がかかり、これからはむし歯をつくらないようにしたいです。きれいなインプラントには満足しています! ありがとうございました!
(30代男性)

■歯医者が嫌いでどこに行っても通い続けられなかったのですが、笑気ガスやスタッフ、先生のおかげで治していただけました。
(40代男性)

■いつも説明を丁寧に分かりやすくしてくださるので、これからも定期的に通います。
(20代女性)
 

2007年4月患者様アンケートより

■歯のケア方法など、細かくご指導頂けたのでよかったです。習慣として当たり前にできるようにしたいです。
(20代男性)

■温かい雰囲気(お花も含めて)に心が和みました。
(40代女性)

■皆さん優しくて安心して通うことができます!! 歯の色々な説明をしてくれるところが、とてもよいと思います!! おもしろしです!! 歯医者さんの中の雰囲気もとてもかわいくて好きです!!
(10代女性)

■親しみやすくてよかった。来るたびに部屋の花などが変わっていて、見るのも1つの楽しみだった。雨の日のタオル、心遣いが嬉しい。
(40代女性)

■虫歯になってこの歯科に来て、いろんな勉強ができてよかった。
(20代男性)

■子どもが嫌がらずに通えて、とてもよかったです。本当にありがとうございます。
(30代女性)

■先生が優しかったそうです。説明が丁寧で分かりやすかったです。
(10代女性の母)
 

2007年3月患者様アンケートより

■「今日は○○をします」「次回は○○をします」「あと△△位でこの治療は終わります」と具体的に説明していただいたので心の準備(?)ができてよかったです。歯のモデル(カウンターに置いてある)もわかりやすかった。
(20代女性)

■先生が明るいのがいいですね。スタッフの皆さんの感じがよい!
(30代女性)

■説明がわかりやすかったです。治療以外でも通ってみようかなっと初めて思いました。子どもを連れて気やすいのもよかったです。ありがとうございました。
(30代女性)

■先生もスタッフの皆さんも優しく話しやすいところがよかった。先生の説明もわかりやすい(かみ砕いて説明してくれるところなど)、料金(歯ブラシとか薬代など)が明朗なのがよい。
(30代男性)

■歯医者さんが好きになりました。こわくない、痛くない...。また来ます。むし歯ではなく、定期検査で来ます。
(20代女性)

■歯に対して間違った知識が改められてよかった。ブラッシングなど役立っています。
(20代男性)

■削ったりせずに、治療することができると知り、よかったです。妊娠期にキシリトールを摂取することの意義も知ることができ、大変有意義でした。
(30代女性)

2010年6月18日

審美修復(あなたの口もとをキレイにしたい方へ)

※各種クレジットカード、デンタルローンをご利用いただけます。
<白い歯のかぶせもの>
イメージ 項目・内容 見た目 耐久性 価格(税抜き)
オールセラミック オールセラミック
最も高価なタイプ。
審美性、耐久性とも最も抜群に良い。
◎ ◎ 120,000円
メタルボンド メタルボンド
最も一般的なタイプ。
審美性、耐久性とも良い。
○ ◎ 100,000円
ハイブリッドセラミック ハイブリッドセラミック
メタルボンドと違い少し変色の可能性。
耐久性においてやや劣る。
○ ○ 60,000円
オールセラミック オールセラミック(セレック)
◎ ○ 1-3番 65,000円
4-7番 53,000円
(1day +5,000円 アルティメット+7,000円)
ラミネートベニア ラミネートベニア
歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼付ける治療法(付け爪風)。
歯の色調を白くしたい方、すきっ歯等の歯の形を整えたい方に最適。
◎ ○ 70,000円
グラスファイバーコア グラスファイバーコア
(コア(土台)をファイバーコアにする場合)
○ △ 15,000円
<白い歯のつめもの>
イメージ 項目・内容 見た目 耐久性 価格(税抜き)
オールセラミックインレー オールセラミックインレー
最も高価なタイプ。
審美性、耐久性とも最も抜群に良い。
◎ ◎ 60,000円
オールセラミック オールセラミック(セレック)
◎ ○ 35,000円
(1day+5,000円
アルティメット+7,000円)

2010年6月17日

インプラント(失った歯をとり戻したい方へ)

イメージ 項目・内容 治療費(税抜き)
インプラント体埋入 インプラント体埋入(上部構造を含みません)
アストラ社 オッセオスピード(ノルウェー製)とStraumann社(スイス製)
世界的に使用されているインプラントの3大メーカーのうちの2つです。
230,000円
インプラント2回法2次手術 インプラント2回法2次手術
インプラント手術は、1回法と2回法がありますが、当院では2回法で行っております。 なぜなら、2回法はインプラント体埋入後の細菌感染のリスクが低く、 骨とインプラント体の結合が良好だからです。 人工の歯を自然に見えるようにするためのとても大切な手術で、 執刀医としては、絶対に妥協の出来ない治療過程です。
40,000円
上部構造 上部構造
上部構造(被せ物)はお選びいただけます。
80,000円~
120,000円

※尚、埋入にあたり抜歯が必要な場合は、別途5,000円(税抜)
詳しくはカウンセリング時にご説明致します。

入れ歯

<総入れ歯>
項目 治療費(税抜き)
インプラントオーバーデンチャー 720,000円~
金属床 300,000円~
<部分入れ歯>
項目 治療費(税抜き)
バルプラスト(大きさによる) 120,000円~
170,000円

※各種クレジットカード、デンタルローンをご利用いただけます。

2010年6月14日

待合室

待合室

来院時やお会計をお待ちの時間はソファでごゆっくりおくつろぎください。

ウォーターサーバーを導入しました。来院された際は、ぜひ、おいしいお水でのどを潤してください。
ほっと一息つけると思います。

わくわくキッズスペース

わくわくキッズスペース

「歯医者さんがキライ、怖い、行きたくない。」というお子さんが、少しでも楽しく院内で過ごしていただけるようにキッズスペースを設けました。

ビューティースペース

ビューティースペース"時間がなくて家で歯磨きができなかった"という方も安心。
どうぞコチラで歯磨きをお済ませください。また、診療後のお化粧直しのスペースとしてもご利用いただけます。

診療室

待合室

診療室はビルの4階にあり、とても開放感があります。空気清浄機も導入しており、いつもフレッシュな空気で、快適に過ごせる院内です。

待合室自分の口の状態はちゃんと確認したいもの。そこで、各診療台にはモニターを設置。むし歯の状態をモニタに拡大して映して、患者さんご自身で確認できます。

待合室当院のこだわりのひとつが、院内のBGM。R&B・ロック・ジャズ、時にはハードロックなど、さまざまな音楽が流れます。ちなみに、BGMへのこだわりは院長の趣味。音楽の話をすれば、盛り上がるかもしれません(笑)

オペ室

オペ室

46型特大モニターを設置しております。
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いての精密なオペにも適応できる特別なユニットを導入しております。

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

他の方に言えないようなこと、お口についての悩みや心配、不安などを、専門のカウンセラーがじっくり聞かせていただきます。どうぞ、お気軽にご相談ください。

歯科用CT導入

歯科用CT導入CTの導入により、治療をスムーズに進めることができるようになりました。今では、インプラントの治療に欠かせない検査の1つになっています。

【歯科用CTの導入メリット】
(1)インプラントを入れる位置、方向のシミュレーションが可能
(2)難易度の高い場合でも手術できる
(3)事前の確認が可能なため、メスで開くことが少ない⇒患者さまの負担軽減
(4)治療時間の大幅な短縮

滅菌管理

滅菌管理また、当院ではコップやエプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)。インプラントのオペで使用するミラーやピンセットは、滅菌パックに入れて、患者さんの前で開封。診療中に使用するタオルは患者さんごとに毎回取り替えています。

滅菌管理

衛生面にも万全を期するため基本セットは、オートクレーブで完全滅菌しています。

プチクレーブプチクレーブ

歯の切削器具や小さな器具の滅菌に使用します。

生体監視モニター

生体監視モニターインプラントのオペなど外科手術を行うときにや、血圧の問題など
内科的な疾患のある患者様の安全のためにモニターを行う装置です。

モニタリングをするのは、血圧、脈拍、動脈血酸素飽和度などです。
このモニターで、より安全な治療を行うことができます。


はっきり言って淡々と治療だけするのは大嫌いです

はっきり言って淡々と治療だけするのは大嫌いです

ごめんなさい、びっくりさせてしまったかも知れませんね。そうです、ぼくは淡々と治療をするのはイヤ。そんなのつまんねーヨ、そんなことしたくねーヨ、というのが正直な気持ちです。

ではどういう治療をしたいのか?患者さんと雑談をして、笑い合ってお互い人間として触れ合いながら治療をしていきたい、と本気で思ってます。

パステル歯科医院を開業してからもうすぐ5年が経とうとしていますが、この5年あまりでぼくが患者さんに言われてとてもうれしかった言葉があります。

「先生、わたし今までいろんな歯医者に行ったけどほんと、先生に出会えてよかった。」

この言葉を聞いたとき、はっきり言って感動しました。
ぼくが淡々と治療だけしていたらきっと、この言葉は頂けなかったでしょう。ぼくの治療にたいする説明や治療の合間にする、オシャベリを通して少しずつぼくを信頼して頂けたのだと思います。

オシャベリ。それは、信頼関係をつくる

オシャベリ。それは、信頼関係をつくる患者さんは最初にパステルに来てぼくと初めて話したときに、だいたいの方がとても緊張されているのが伝わってきます。当たり前ですよね。なんか先のとがった道具が並んでるし、ぼくみたいなでかいのが出てくるし。

でもちょっと待ってください。実はぼくも緊張してるんです。ぼくも面識のない人にこれからちょっと痛いかもしれない事をしなければならない訳ですから、「この人、すごい怖がりなのかなあ」「今まで歯医者でいやな思いしたんだろうなあ」とか、いろんなことを思ってるんです。

そんな二人なわけですから最初はぎこちなくって当たり前ですよね。でも、何回か説明をしたり、オシャベリをしたりしていると、だんだんと溝?が埋まってくるのを本当に感じます。

そして冗談を言ったりしてお互いにニカッと笑えるようになったりします。こんな時ぼくは歯科医師として一人の人間として本当にうれしくなります。ぼくは患者さんたちとオシャベリするのが大好きです。

プロフィール

パステル歯科医院 院長 権藤暁曠パステル歯科医院
院長/権藤暁曠(よしひろ)

【略歴】
1992年3月昭和大学歯学部卒業
2002年8月パステル歯科医院開業
■日本口腔インプラント学会 会員
■バイオインプラントアカデミー会員
■日本臨床インプラント研究会 会員
■SJCD レギュラーコース終了
■ストローマンインプラント認定
■アストラインプラント認定
■カルシテックインプラント認定
■ノーベルインプラント認定
■IATインプラント認定
■国際歯周内科学研究会会員
■日本歯周病学会 会員
■日本大学松戸歯学部歯周病講座 研究員
■船橋歯科医師会日本歯科医師会会員
■千葉県歯科医学会認定医
■葛飾小学校・葛飾中学校校医

certificate certificate certificate certificate certificate certificate certificate certificate certificate certificate certificate certificate

ぼくはこんな道を歩んできました

ぼくは患者さんたちとオシャベリするのが大好きです。そんなぼくをより知って欲しいと思います。
ではいってみましょう。ちょっと波乱万丈なのでびっくりしないでください。

幼少のころ~熱血先生との出会い

ぼくの父は、会社を経営していたので世間的には恵まれた少年時代でした。まあ、俗に言う<お坊ちゃん>です。普通に成績もよく、友達と野球をしたりサッカーをしたり、ザリガニをとったり。

小学校6年生のときの担任の先生がすごい熱血先生でした。その小学校は毎月、小運動会というのがあり、4月にはクラス対抗全員リレー、6月はドッジボール大会、7月は4人リレー(クラスの足の速い子を上から4人集めて、クラス対抗戦をやる。

なんとぼくはその選手でした。結構、運動神経よかったんです(今ではだれも信じてくれませんが)。

熱血先生はそういったことに燃えまくる先生で、放課後遅くまで練習させられました。勉強はというと、これまたスパルタでした。よく、ぶん殴られてましたが子供たちに深い愛情をもっているのがわかるので、ぼくはその先生が大好きでした。

幼少のころ~熱血先生との出会い
高校受験は当時なぜか男子校に行きたかったぼくは
市川市の市川学園と東京都の巣鴨高校に合格し、
家から近い市川学園に入学することにしました。
熱血先生から教えてもらったこと

彼からは規律の重要性や、目標に向かって努力することの大切さなど大切なことをいろいろと教えてもらいました。そういえば二人で映画館に007を観に行ったなあ。いい思い出です。

おかげで成績もよく、中学校もきびしい学校だったので、それなりに真っすぐな中学生でした。中学時代はサッカー部でセンターバックというポジションでした。

当時のぼくは周りの友達に「俺は国立の医学部に行きたい」と言っていました。そのころから医療の道を歩みたい、という気持ちを持っていました。

すっかり遊びに染まった高校時代

さあ、このあたりからぼくの人生が微妙にずれてきます。

市川学園は中学校もあるので、エスカレーター式に高校に上がってきた連中がクラスの8割ほどを占めます。
やつらは温室育ちで遊びなんかまったく知らないぼくがおもしろかったのか、「帰りにボーリング行こうぜ」「俺の家に遊びに来いよ」と耳元で甘くささやき、純なぼくに悪いことをたくさん教えてくれました。

ぼくは遊びにすっかりはまってしまい、入学当時クラスで2番だった成績が2学期の中間テストではビリから数えて何番目です。

親も担任の先生も怒る、怒る......。高校2年の後半からはこれではまずい、と思い勉強しだしましたがときすでに遅く、国立の医学部どころではありません。当然、浪人しました。ここで馬鹿なぼくもやっと気づきます。「ああ、つけはきっちりまわってくるんだ」と。

もう、怠け体質となってしまったぼくは昔のように必死に勉強することができず、やっとこさ北里大学医学部の1次試験に合格。しかし2次試験(面接、小論文)で不合格

集団面接でしゃべりまくったのがまずかったのかなあ。いっしょに面接をうけた連中は「君は絶対うかるよ」つて言ってくれたんだけどなあ。

まるで毎日が修学旅行だった(笑)大学時代

結局ぼくは1つだけ受験した歯学部、昭和大学に入学。大学時代は「俺って歯医者に向いてないよなあ」とよく思っていました。

昔は精神科医になりたかったのに...自業自得だけど...という気持ちが根底にあったのだと思います。生まれて初めての挫折でした。

まるで毎日が修学旅行だった(笑)大学時代ぼくはもともと友達は多かったので楽しい大学生活を送りました。ぼくの通っていた大学は1年生の1年間、山梨県の富士山の麓で全寮制を強いられます。

なんと男5人部屋です。2段ベッドが3つに勉強部屋!「フーっ、これから1年、このむさい奴らと共同生活かよ......」

大学1年は教養課程だから1番楽で時間があるんですよね。ホントため息が出ました。

まるで毎日が修学旅行だった(笑)大学時代が、しかし、慣れるとこれがホント楽しいんですよ。毎日が修学旅行です。酒を飲んで大騒ぎ、風呂に入れば水をかけあって大騒ぎ。ほとんど、ガキです。

退寮の前日なんて大の男が20人位集まって、最後の晩餐。みんな、離れたくなくてさびしい顔してるんですよ。本当にいい経験でした。この頃仲良くなった友人たちは今でもぼくの大切な友人たちです。

回り道、そして苦難の時代

歯科医師国家試験に合格し、勤務医として馬車馬のように働きました。

当時付き合っていた彼女との結婚を考え始め、明日は彼女の御両親に御挨拶に行こう、という夜からぼくの人生は激しく、厳しい波に翻弄されていきます。

その晩、両親に呼ばれ父の経営する会社を手伝ってくれないかと言われました。「え、でも俺、歯医者の仕事があるし......」父の体調が思わしくないとか色々な理由が重なり、迷ったあげく歯科医の仕事をやめる決心をしました。

いきなり父の仕事を手伝っても、なかなかうまくいかず辛い時期でした。この頃は本当にいろんなことがあり、毎日辛かった思いがあります。「本当に歯医者の仕事に戻れるんだろうか?」「いったい俺は何をやってるんだろう?」

確かに人生の中では回り道でした。でも、今にして思えば「人生、回り道も必要じゃないかな?」と思います。

この時期に歯科医の仕事を離れ、迷い、悩んだからこそ今のぼくがあるんだと思います。(結婚を考えていた彼女とはこの時期に別れました。他にもいろんなことがありましたが、機会があれば又書きたいと思います)


大事故と、父との別れ
ある日、バイクに乗っていたぼくは急に横から出てきたベンツと衝突しました。
体が投げ出されて空を飛んでいたときの風景は今でも鮮明に覚えています。

救急車で運ばれ結局、右のひざが粉々になっていたので腰の骨をひざに移植する手術を受けました。手術をしてもひざなんて曲がりません。

リハビリ生活が始まりました。半年近く松葉杖だったのであまり動けず15kgほど太りました。今でも正座や走ったりすることはできません。
将来のこと、今のこと、不安だらけでした。

松葉杖をつきながら歯科医の仕事に復職しました。しかし、しかし、まだまだ神様は容赦なくぼくにムチを与えます。

父が末期がんの宣告を受けました。3か月に渡る闘病生活が始まりました。はっきり言ってみてられません。母の献身的な介護を見てるのも辛かった。

そして父は逝きました。優しく厳しかった父。小さい頃、消防車が好きだったぼくのために消防署まで行って、交渉して消防車に乗せてくれた父。ぼくは大はしゃぎだったそうです。

父との思い出
ぼくが悪さをするとよく、けつバットをされました。(要は野球のバットで思いっきりおしりを叩かれる、これが痛いんです)

ぼくの部屋に友達が遊びに来ていると必ず、酒をもって乱入してきてなかなか出て行かなかった父。父の人柄がよく出ているエピソードがあります。

父が友達に向かって「君はどこの大学に行ってるんだい?」「はい、暁曠君と同じ昭和大学です。」「なにー、暁曠と同じ大学?お前アホやろ」豪快な父でした。

ちなみにアホ呼ばわりされた友達は現在、内科の院長をしております。いい思い出です。

あんなに子供が好きだったのに孫の顔も見せてやれなかった。今だったら二人でうまい酒でも飲みながら、いろんな話ができたのに......
今だったら親孝行してやれたのに......今だったら......
おやじ、ありがとう。

この頃のぼくは少しずつ、鬱な状態抜け出し始めていました。あまりに色々なことが集中しておこるので精神的に麻痺してたのかもしれません。

実際にこの頃の記憶は断片的にしか思い出せない部分もたくさんあります。

人は本当に辛い記憶があると、脳が自分を守るために勝手に記憶を消去する、と読んだことがありますが、ああ、本当なんだなあと思います。

梨本先生との出会い~再生

やっと神様が許してくれたのか、その後4年ほどはぼくの状況は落ち着いてきました。
歯科医師の仕事に復職してもまだぼくの周りの状況はごたごたはしてましたが、ぼくの気持ちはだいぶ余裕が出てきました。

いろいろなつらい事を経験して、腹が据わったという事もありますが「ああ、つらくても人間、必死にもがいていれば少しはいい方向にいくんだな」と頭ではなく体で理解できるようになったんだと思います。

この勤務医の時期にお世話になったのが、その医院の院長の梨本先生です。
先生は歯科医院を複数持っていらっしゃったのですが、本当にすごくハードに治療に経営にたずさわっていらっしゃいました。

「この人、いつ寝てんだろう?」「何がこの人をここまで突き動かしてるんだろう?」といろんな事を考えさせられました。

ぼくの困った状況の事もご存知だったので、いろんなお話もして頂きました。梨本先生には仕事に臨む態度、目標に向かって走りつづける事の大切さなどいろいろな事を学ばせて頂きました。

こうして勤務医をしているうちに自分の精神状態が少しずつ、少しずつ「再生」モードになっていくのが自分自身で体感できました。

本当にいろんな人たちに支えられて自分の医院を持とう、と言う気持ち、状態になれました。本当にみんな、ありがとう。

そして、なんとかパステル歯科医院を作ることができました。これだけ歯科医院が街にあふれていて最初からうまくいくはずがありません。

色々な努力をして、素晴らしいスタッフにめぐり合いみんなでがんばっています。


人の痛みが分かる
ぼくは本当に色々な経験をしました。辛い経験を通してぼくは人間として成長したと思います。

人の痛みが理解できるようになりました。どんな事があっても、逆風が吹いても絶対倒れない。倒れるときがきても絶対後ろ向きではなく、前を向いて倒れたい。

患者さんのために治療だけでなく、何かをしてあげたい。無理かもしれないけれど、患者さんの人生に関われるような歯科医師になりたい。

ぼくの医院でがんばって働いてくれるスタッフに仕事はもちろん、人生の熱さ、有意義さを教えてあげたい。

そんな熱い気持ちでぼくは今日も診療室に立ちます。

【小児歯科】「お子さんを歯医者ギライにさせないために」

【小児歯科】「お子さんを歯医者ギライにさせないために」

「子どもが歯医者を嫌がって、歯医者になかなか連れて行けない」
と悩みを抱えているお母さんはいませんか?

当院では、「お子さんを歯医者嫌いにさせない」をモットーに、さまざまな取り組みを行っています。
このページでは当院の小児歯科についてご紹介します。

<当院の小児歯科の特徴>
無理やり治療はしません
"わくわくキッズスペース"を完備しています

無理やり治療はしません

無理やり治療はしません当院では、押さえつけたり、無理やり治療するといった強引な治療は行っていません。できるだけお子さんとお話をしながら、そっと優しく治療を進めてまいります。

また、スタッフはみんな子ども好き。まるで保育士さんのように、優しく子どもたちをあやしながら治療を進ます。じっさい、たくさんのお母さんから「子どもが歯医者を嫌がらなくなった」など、嬉しい声をいただいております。

"わくわくキッズスペース"を完備しています

わくわくキッズスペースを完備しています「歯医者さんがキライ、怖い、行きたくない」というお子さんが少しでも楽しく院内で過ごしていただけるようにキッズスペースを設けました。

わくわくキッズスペースについて詳しく知る

ようこそ!パステル歯科医院へ

ようこそ!パステル歯科医院へ

数ある歯科医院の中から、当院を選んでいただき、ありがとうございます。

開業以来、私たちパステル歯科医院は患者さんに満足していただくことを第一に考えてきました。いまでは地元の方はもちろん、遠方からも多くの患者さんが来院してくれるクリニックへと、成長することができました。

これからも慢心することなく、緊張感を持って患者さん一人ひとりと接していくことをお約束いたします。

<当院が選ばれる4つの理由>
オシャベリがすべての原点
院長がかぶりもの?楽しいイベントいっぱい
状況を正しく伝える。治療を選んでもらう
院長自身が自分で受けたい治療方法をご提案します
治療の流れについて

オシャベリがすべての原点

オシャベリがすべての原点私たちはまず、「コミュニケーション」を大事にしています。当院の一番の特徴は"オシャベリ"。院長はもちろん、スタッフたちも"ため口(友達言葉)"で、できるだけ歯科以外の話もするようにしています。

"学校はどう?""この前、野球チームの試合あったんだね?"こんな具合に、気がつくと1時間もしゃべっていることもしばしば。楽しく通って、オシャベリをする。つまり、患者さんとドクター、という関係ではなく、人間としてのお付き合いのできる医院を目指しています。

オシャベリがすべての原点こういったフランクなやり取りは、患者さんからも評判です。"気軽に通える""治療が楽しい"......数え上げればキリがありません。私たちは患者さん話すことが大好き。さあ、あなたとはどんなオシャベリができるんでしょうね。

院長がかぶりもの?楽しいイベントいっぱい

院長がかぶりもの?楽しいイベントいっぱい

"歯医者さんって冷たいイメージがあるよね""あの殺伐とした雰囲気が苦手"
といって、歯医者さんを敬遠している方も多いのではないでしょうか?
いえいえ、当院では"楽しめる歯医者さん"を目指して、季節ごとに様々なイベントを開催しています。

たとえば、7月の七夕の時期ならスタッフが浴衣と甚平で患者さんをお出迎え。ちょっとした夏祭り気分で患者さんをお迎えします。また、10月のハロウィンの時期には、仮装......はさすがにできないので(笑)、特製エプロンで。12月はもちろん、院内をクリスマス風に飾り付け、院長はサンタさんに変身します。

院長がかぶりもの?楽しいイベントいっぱい

こういったイベントは患者さんからは大好評。"子どもが歯医者を嫌がらなくなった""歯医者に行くのが楽しくなった"など、子どもはもちろん、大人の方まで嬉しい声をいただきました。楽しんで通える歯医者さんになるために、私たちは遊び心も忘れません。

状況を正しく伝える。治療を選んでもらう

状況を正しく伝える。治療を選んでもらう何の説明もなく治療が始まったらどう思いますか?医師から何の了解もなしに、急に歯を抜かれたら、誰でも納得いかないはずです。

当院では、どんな小さなむし歯でも治療前に必ずカウンセリングを行い、まず患者さんの悩みをうかがいます。その後、患者さんにとってベストな治療計画を立て(時には一人の患者さんに対し5~6通りも)、分かりやすくご説明。たとえ小さな「つめもの」ひとつ入れる時でも、素材や治療方法をシッカリお伝えします。

"患者さんの気持ちや考えを最優先"をモットーに、患者さんが一番納得する方法で治療を進めていきます。決して、勝手に口の中を触ることはありません。

院長自身が自分で受けたい治療方法をご提案します

知っていますか?治療には、国の保険制度で治療費をまかなう"保険治療"と、すべて自費で治療をまかなう自費治療の2種類があります。

院長自身が自分で受けたい治療方法をご提案しますこの違いは、いわばオーダーメイドスーツと既存品のスーツに例えられます。"このスーツ、デザインはいいんだけど、もう少し袖が短ければ......""もう少し色が明るかったらな......"そんな経験をしたことはありませんか?つまり保険治療は金額が限られているので、使える材料、使える時間が限られています。

そうなってしまうと、どうしても精度が落ちてしまいます。しかし、自費治療ですと、十分な時間、高価な材料が使えますから、精度を十分に上げることができます。

とはいえ、どちらを選ぶかはその方の価値観によって変わってきます。当クリニックでは、保険診療・自費診療問わず「院長自身が受けたい治療方法」をご提案いたします。そのうえで、最適な治療方法について、患者さんと相談しながら決めていきたいと考えています。

治療の流れ

初診カウンセリング
当院では、治療を始める前に、カウンセリングを専任スタッフが行います。当院の治療方針、予防の重要性、患者さんのお口の状況についてご説明します。悩みも聞かせてください。

こちらより問診票ダウンロードしていただき、ご記入頂きますと来院いただいてからのご案内がスムーズです。(尚、FAX等でお受けする事が出来ないのでお手数ですが、ご記入いただきご持参下さい。)
問診票
問診票(こども用)


応急処置+検査
痛みがある場合、痛みを取り除く応急処置をします。今後の治療計画を立てるために必要な検査を実施します。レントゲン撮影、むし歯、歯周病検査を行います。

お口のクリーニング
かぶせものなどを入れる前に、きちんとお口をクリーニングしておかないと、むし歯が再発する危険性があります。お口の状態をCCDカメラで拡大した画像もお見せします。

治療スタート
むし歯と歯周病の治療を再開します。ここでは、多くの場合、歯を削ったり、詰めたりします。ちょっぴり怖いかもしれませんが、できるだけやさしく、痛みの少ない治療を行います。

カウンセリング
どのような治療方法が考えられるか?どのような材料を使って治療していくか?を患者さんに詳しくご説明いたします。患者さんが抱える不安、疑問、悩みをお聞かせください。その方にベストな解決策を一緒に見つけていきます。

治療終了、予防へ
治療が終わってからが本当のスタートです。これから歯が悪くならないように、またキレイで自慢できる歯を保つために、4か月に1度の定期検診をオススメしています。

2010年4月26日

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

歯周病が進行し溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。

歯周病の原因は何よりも歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である歯垢=細菌をいかに減らしていくかが重要なポイントです。細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって今以上に細菌を増加させないことが大切です。

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。

歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため歯科医院にて清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。

歯周病は何歳位から起こるものですか?

歯周病は成人してから起こるものと思われていますが、実は歯周炎の前段階ともいえる歯肉炎は幼少期から起こりうるものなのです。

また、歯周炎は痛みなどの自覚症状がほとんど無いために、発見が手遅れになることもしばしばです。歯周病を予防するために、毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診が重要です。

歯周炎と歯肉炎は違うものですか?

歯周炎は炎症が歯の周辺の広範囲に及んで、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨まで広がります。その症状には個人差があり、大半の歯槽骨を失うほどの重いケースもあります。

一方で歯肉炎は炎症が歯肉のみに及んでいる症状で、歯の周辺の歯槽骨は正常な状態にあります。

歯槽膿漏と歯周病は違うものですか?

同じものです。

これまで、歯の周辺の歯肉が腫れ、膿が出るという症状から「歯槽膿漏」という名称が主に使用されていました。一方で最近は、歯肉だけでなく、歯を支える歯槽骨を始め、歯の周辺の広範囲に様々な症状が表れるため「歯周病」という名称が多く用いられるようになりました。

歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根にそって菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。

また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

発音しにくくなった気がします

お口の中の環境が変化したためです。これは慣れなのですが、慣れる期間については個人差があります。

頬や舌のあたりを、噛んでしまいます

歯のない期間が長期に及ぶと、歯のなかったスペースに頬や舌が入り込んできます。そこに新しい歯が入ると頬や舌の筋肉がその変化に対応できずに、舌や頬を噛んでしまう事があります。

筋肉は徐々に慣れていきますから、心配はありませんが、一度噛んでしまうと腫れてふくれるので、また噛んでしまうという悪循環が生じてしまいます。

あごの骨が少なくなってきた気がします

歯槽骨(あごの骨)は、加齢とともにある程度吸収していきます。インプラント周囲骨も例外ではなく、骨はある程度失われていきますが、過重負担や感染、免疫のバランスが崩れると骨吸収はさらに加速します。

インプラント周囲骨が大きく吸収してしまった場合、もしかすると同じ部位へのインプラント再治療は不可能かも知れません。その場合は別の治療法を検討することになります。骨吸収をいかに最小限に抑えることができるか、ということがインプラント治療の今後の課題です。

鼻から頬にかけて、感覚異常があるのですが......

上顎洞炎の可能性があります。上顎の上方には上顎洞という鼻に通じる空洞が存在します。(この上顎洞の役割は今だ解明されていません)

歯やインプラント体の先端は、この上顎洞と接近しているために、細菌感染が起きた場合、この上顎洞にも炎症が波及してしまう可能性があるのです。天然の歯でも見受けられる症状です。

インプラントをして数年後にインプラント体が動揺・脱落してしまった

多くの場合、インプラントの過重負担とインプラント周囲の感染症が原因です。
揺れているインプラント体を、ムリにお口の中に残しておくと、周囲の骨がさらに無くなってしまいます。早期に取り除くべきです。インプラント体を取り除いて骨と粘膜が治るのを待ち、再び新しいインプラントを植立するか別の治療法を選択するかを検討します。

感染に関しては、インプラントも歯と同じように歯周病にかかる事があります。
病気や免疫・体調の変化で、さらに加速する事もありますから、日ごろのプラークコントロールは重要です。また、ちょっとしたかみ合わせの変化が、インプラントをだめにしてしまう事もありますので、定期検診は必ず受けるようにしてください。

噛みごこちが少し違うのですが......

天然歯には、歯とあごの骨の間に歯根膜というクッションがありますが、インプラントにはこのクッションがないので、噛んだときの力が骨に直接伝わるためです。周りの歯とのバランスを考えながら噛み合わせの調整をします。

歯と歯ぐきの間・歯と歯の間に食べ物がつまりやすくなった気がします

インプラント体ともとの歯の根の太さが異なることに起因します。
歯と歯ぐきとの隙間が天然歯の時と全く同じ状態にならないことが関係しています。
もちろん人工歯を製作するときは詰まりにくいように色々な工夫をして設計するのですが、食べ物がつまらない形態というのは詰まってしまった汚れを逆にとりにくく、歯ブラシしにくい形態なのです。

歯磨きのしやすい形態も考慮していますのである程度はブラシでうまく対処していただくことが必要ですが、ちょっとした修正で改善できる事もありますから主治医にご相談ください。

インプラントはどのくらいもちますか?

患者さんのお口の中の衛生管理に大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いとインプラントの寿命が短くなる場合もあります。
インプラントの歴史は1950年から始まり、実用化されたのは1965年からです。実例として、1965年にインプラントを行った患者が亡くなるまでの41年間問題なく機能しておりました。

つまり40年間耐えられる実績は証明されております。常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。インプラントの10年生存率は95~97%前後です。

手術後に注意することはありますか?

手術当日は、激しい運動、入浴(長湯しなければシャワー等は問題ありません)、飲酒も避けてください。また、感染を防ぐため、出された薬をきちんと飲んでください。うがい薬は手術翌日から使い、患部を清潔に保ってください。

自分の歯と同じように噛むことはできますか?

自分の歯と同じように考えていいと思います。自分の歯で噛める物はインプラントでも噛めます。

定期的な検診は必要ですか?

インプラントはチタンのため虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。また歯周病になると非常に進行が早いため、予防するために定期的にクリーニングが必要です。

手術後は歯が抜けたままですか?

ほとんどの場合、仮歯もしくは入れ歯を入れるようにしております。手術によってはすぐ入れられない場合もあります。ご相談ください。

薬は飲まなくてもいいですか?

痛みがなくても抗生物質と痛み止めは服用してください。感染予防と炎症を和らげる効果があります。

手術後の歯磨きはしてもいいですか?

手術した部位の歯ブラシは避けてください。縫い合わせている糸が切れたり傷口がひらいたりしますので、他の部位を歯ブラシで丁寧に磨くことをオススメします。汚れると感染の原因になるからです。

その際、歯磨き粉は使わないようにしてください。また、歯磨きの後の「ぶくぶくうがい」もしないようにしましょう。どうしても、という方は軽くゆすいでツバを吐く程度でお願いします。

手術後のお風呂は大丈夫ですか?

できれば軽いシャワー程度にしてください。体が温まると血流が盛んになり痛みが出たり、出血の原因になります。

手術後の食事は大丈夫ですか?

ほとんどの場合、術後3~4時間ぐらいで麻酔が切れます。しびれが切れれば食事をしても大丈夫です。ただ、できるだけ手術をしてない箇所で食べ物を噛んでしてください。また、できれば柔らかい物をいただいてください。栄養をとった方が抵抗力がつきますので早く治ります。

手術後の運動は大丈夫ですか?

できるだけ運動は避けてください。体が温まると血流が盛んになり痛みが出たり、出血の原因になります。また体が疲れると抵抗力がなくなり治りも悪くなります。

手術後、腫れたりしませんか?

患者さんによっては外科的刺激が大きくなり少し腫れることもありますが、それ自体は手術に対しての当然の反応なので心配はいりません。多くの方は3~4日後に腫れがピークとなり、約1週間ほど経てば完全に収まります。

他人からインプラント治療を受けたことが分かってしまいませんか?

外観からインプラントをしていることに気づかれることは、まずありません。
インプラント治療において重要なのが、前歯の治療になります。近年この問題を解決すべく、さまざまなタイプのインプラントやそのパーツが開発されました。

ですから、食事中に外れたり、カタカタ音がしたり、会話中発音障害などもほとんど起こりません。インプラントは自分の歯と同じように何でも噛め、食事を楽しむことができます。

インプラントが歯周病になったらどうしますか?

軽度の場合は歯周病の治療を行います。重度の場合は手術が必要となってきます。場合によっては抜くしかできないこともあります。とはいえ、定期検診に通うことで歯周病の予防ができます。

将来、体に害はないですか?

害はないと考えていただいても、差し支えありません。ただし、チタンアレルギーの方は注意が必要です。万が一チタンアレルギーがあった場合、しばらくすると抜けてしまうからです。

食べ物で気をつけたほうがよいものはありますか?

堅い物を噛むと歯が割れる時があるように、あまり堅い物はやめた方がいいと考えております。普通に食べられる物であれば問題ないと思います。

インプラントが失敗したらどうなりますか?

患者さんが再手術を望めば、もう一度インプラント手術を行います。再手術の費用は保証内で行います。

手術後の入院は必要ですか?

入院は必要ありません。一応手術後は安静にしていただくように説明しておりますが、デスクワークなどの事務処理などの仕事は差し支えないと思います。

治療期間はどのくらいですか?

早い方なら、約2か月程度で正常に噛めるようになっています。ただし、患者さんの食いしばりや歯ぎしりなどにより、多少伸びる場合もございます。

また、歯周病治療直後のインプラント埋入など、手術のリスクが高かった場合は、少し様子を見なくてはいけないためさらに数か月かかります。

手術中はずっと口を開けてなくてはいけませんか?

器具の取り替え時など、患者さんが口を楽にする時間を設けておりますので、どうぞご安心ください。

手術時間はどのくらいかかりますか?

1~3本ぐらいであれば、1時間〜1時間半ぐらいで終わります。また、骨を作ったりと複雑な手術になるともう少し時間がかかります。

インプラント治療の成功率は?

成功率は90%の後半です。失敗の原因は色々ありますが歯周病菌などの感染などが考えられます。とはいえ、再手術を行うことができます。

インプラント治療はやはり大変ですか?

以前のインプラントご存知の方は、「大変な手術をして入れるもの」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。しかし、ここ十数年で素材や形態・植える方法が改良され、以前より簡単に処置できるようになりました。

最近では、素材が良く処置が以前に比べて簡潔になったことから、インプラントの件数も増えてきました。また、長期的にも機能することも分かってきました。

しかし一方で、やはりケアの重要性と適応症例の幅が問題となっております。まずは、全身疾患がなく喫煙されていない方が条件になってきます。喫煙は予後が悪く数年しか持たないケースが多く報告されております。

手術は痛いですか?

インプラントの手術は局部麻酔をかけますので、痛みはありません。
当院では、最新の技術を使用して、痛みの少ない治療を行っております。

高血圧ですが、インプラント治療はできますか?

血圧は薬でコントロールされていれば、問題ありません。

しかしながら、服用されている薬や症状など一人ひとりケースが異なる内容となりますので、事前に必ずご相談ください。

喫煙者ですが、インプラント治療はできますか?

喫煙者は絶対にインプラント治療が受けられないというわけではありません。とはいえ、喫煙はインプラントだけでなく、歯周病に対しても症状を悪化させる原因のひとつです。

タバコを吸われる喫煙者は、非喫煙者に比べインプラントの成功率が低いことが、学会の発表でも証明されております。タバコのニコチンによる血流阻害や血管収縮はインプラント治療に悪影響を及ぼすからです。

骨の量が少なくても大丈夫ですか?

骨の少ない方は骨を増やす手術(GBR法、サイナスリフト法、スプリットクレフト法など)を行えば、問題ありません。ただし、これらの手術には、外 科手術を必要とします。外科的な負担が少ない方がいいという方は、ショートインプラントなど負担が少ない方法を選択しております。

インプラントはどの歯科医師でもできますか?

基本的には、歯科医師免許さえあれば誰でもインプラント治療は可能です。とはいえ、大学病院などの施設でしっかり研修を積んできた歯科医師による治療が安全だと考えております。

なかには外科手術の経験が少ない歯科医師もいますので、よく質問し検討してください。

即日インプラント(その日のうちに歯が入るインプラント)はできますか?

患者さんの状態によります。具体的には骨の硬さとか、骨の厚みなどにより違いますが、状態がいい場合、その日のうちにインプラントを埋入し、仮歯を入れることができます。一度、ご相談ください。

インプラントに上にかぶせる「かぶせもの」が壊れることはありますか?

かぶせものは金属であれば壊れませんが、セラミックなどの素材では壊れたり、かけたりする事があります。とはいえ、保証期間がありますので保証期間内であれば保証内容にて再治療します。

インプラントができない人はいますか?

18歳未満、心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症など健康状態が著しく悪い方は適しておりません。心配な方はご相談ください。

金属アレルギーは大丈夫ですか?

インプラントはチタンでできています。

チタンは金属の中でもかなりアレルギーは少ない金属です。しかし、もしチタンアレルギーの方にインプラントを入れると、インプラントが抜けてきます。チタンアレルギーの疑いがある場合はパッチテストなどで調べる必要があります。

糖尿病ですが、インプラント治療はできますか?

糖尿病は一般的には、インプラント治療はできないとされています。しかし、医師の管理のもとで、コントロールされている軽度の糖尿病の方は治療を受ける事ができます。

ただし、患者さんによって症状が違いますので、ご相談の上最適な治療法を提案いたします。

噛み合わせが悪くても大丈夫ですか?

噛み合わせなどを含めて総合的に診断を行い、治療計画を立てますので、問題はほとんどありません。

2010年4月21日

奥歯をセラミックにしても割れませんか?

セラミックは天然の歯と同等か、それ以上の強度がありますので問題ありません。かぶせものやつめものに使用可能です。ここ最近では、お口を開けた時に見える金属をきらい、奥歯にも審美的に綺麗な白い歯を求められる方が増えてきています。

歯と歯の隙間が気になるのですが......

いわゆる"すきっ歯"には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。

とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。

セラミックは変色しませんか?

セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く 保つことが可能です。また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。

もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。

銀歯を目立たなくする方法はありますか?

銀歯のつめものを一度はずし、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。

審美歯科治療に保険は適用されますか?

歯科診療は保険診療と自費診療に分けられるのですが、審美歯科治療は、使用する材質によって保険の適用外になります。しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険外ではあってもセラミックの方が美しく耐久性があります。

真っ白な歯で笑顔に自信を持ちたいのですが、費用が心配です。

歯を治療するにあたり、経済的負担を考慮することも大切な要素だと考えています。当院では、予算に応じて「ここは保険で」「ここは部分的なつめもので」とプランニングし、最小限におさえた費用をご提示いたします。

またクレジットカードのお支払や、分割払いのデンタルローンも可能です。

どのくらいの期間で治りますか?

治療する歯の本数、内容によってかなり異なります。単純にかぶせるだけなら最短2回ですが、より綺麗に治すために回数がかかることもあります。当院では、なるべく治療期間、回数を減らすように努力しておりますが、詳しくは診断後の判断になります。

審美治療ってなんですか?

審美歯科とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)を受けることで、最初うつむき加減だった患者さんが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。

「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」などの悩みをお持ちの方、ぜひ一度ご相談ください。


2009年 « トップへ » 2011年