2015年8月 « トップへ » 2015年10月

2015年9月25日

パステル新聞 2015年 秋号

パステルニュース秋号
パステルニュース秋号
パステルニュース秋号
パステルニュース秋号
パステルニュース秋号
パステルニュース秋号

パステルニュース 2015年 秋号

パステルニュース 秋号
こんにちは。パステル歯科院長の権藤です。
僕は船橋駅の北口に住んでいるのですが、最近、船橋の美味しい
お店を開拓しています。
タイ料理、台湾料理、スペイン料理、居酒屋、焼肉 etc...
結構美味しいお店を発見しました。

最近、年の(歳の)せいか、「焼肉より、お寿司だろ!」って感じ
だったんですが、8 才の息子が「お肉お肉」とうるさいので、たま
に安い焼肉屋さんに行きます。息子、食うわ食うわ・・・
父がビビる程食べます。5 年後の食費が恐ろしい(笑)
まあ、たくさん食べてデカくなれよー。

すっかり秋めいてきて、美味しい秋の味覚がめじろ押しですが、
健康な歯があってこその味覚です。
みなさん、歯磨きしてくださいねー。

でも美味しいって感じられるって幸せですね。小さな幸せ。
素晴らしい!

続きを読む

2015年9月17日

女性 セレック (主訴 黒ずみ,詰め物と自分の歯の境目が気になった)

症例写真

治療を受けての感想
今回は前歯の黒ずみ、詰め物と自分の歯の境目が気になり受診しました。ネットで調べているうちにセレックという機械で詰め物をつくるという治療法があるのを知りパステル歯科さんにお願いしました。最初はどういう感じで出来るか不安でしたが、丁寧な説明と迅速な対応をしていただき大変助かりました。治療中、麻酔やけずっている時もまったくと言っていい程、痛みを感じることなくリラックスして治療していただくことが出来ました。治療中も進行状況などを教えながらやっていただき安心することができました。最初のカウンセリングから治療まで急ぎでやって頂き、本当に感謝しております。素敵な前歯に仕上げて頂き嬉しいです。ありがとうございました。またお金を貯めて銀歯を白くしたいと思います。その時はパステル歯科さんよろしくお願いします!!

感想

医院長の返答
こちらの患者さんは、上の前歯の見た目が気になる、と言う事で当院に来院されました。
写真を見てもわかる様に、決して美しいと言える状態ではありませんでした。
カウンセリングの後、神経を残してセレックによるセラミックの歯を2本入れる、という選択をされました。
美しく仕上がり、患者さんもとても満足され、私もうれしく思います。
やはり、笑った時の歯の見え方にコンプレックスを抱いている方は多いです。これでニコッと笑えますね。
パステル歯科 院長 権藤暁曠

女性 インプラント

症例写真

治療を受けての感想
今回、左下のインプラントの治療を受けました。抜歯後の選択として、インプラント以外は考えていませんでしたが、歯医者が大の苦手な私にとって、決して安くない治療費の事よりも恐怖心の方が強く、手術当日は緊張して怖くてガチガチでした...院長先生や担当の衛生士さんから大丈夫、すぐ終わるからね、と励まされ、本当にあっという間に無事終える事が出来ました。
あんなに怖かったのに術中・術後の痛み、腫れ、出血もほとんどなく、今はただ思い切ってやって本当に良かったと思っています。
院長先生はじめ。スタッフの方々、皆さん明るく優しくて、歯科医らしくない雰囲気、BGMも...大好きです。
いつも本当にありがとうございます。

感想

医院長の返答
こちらの患者さんは、神経を取って銀歯だった歯の歯根が割れ、抜歯となりました。
歯根が割れてしまうと、細菌感染を起こし、治療は不可能となってしまいます。
神経を取り、歯根に土台を入れると、まれに応力によって歯根が割れてしまう事があります。
ですから、虫歯は小さなうちに治療して神経を残す事が大切です。
この場合の様に歯がない両わきに自分の歯がある場合はインプラントが1番良いと思います。
こちらの患者さんは骨がたくさんあったので非常に簡単な手術でした。
パステル歯科 院長 権藤暁曠

2015年9月 4日

2015年8月 患者様アンケートより

苦手なはいしゃでしたが、ちゃんと定期的に通おう!とおもえたこと


2015年7月 患者様アンケートより


むし歯の治療が痛くなかったこところ


2015年7月 患者様アンケートより


 

2015年9月 2日

"滅菌"をご存知ですか?

滅菌とは?

突然ですが、あなたは「滅菌」という言葉を耳にしたことはありますか?
「消毒」「殺菌」という言葉は日常でよく耳にすると思いますが、実はこの「滅菌」「消毒」「殺菌」の3つには大きな違いがあるのです。

消毒とは・・・細菌の活動を弱めること。人体に害のある物質を除去または無害化します。
殺菌とは・・・ある特定の細菌を殺すこと。病原性や有害性を有する微生物を死滅させます。
滅菌とは・・・すべての細菌を死滅させること。あらゆる細菌を完全に死滅、または除去します。

そうなんです。消毒や殺菌をするだけでは菌は死滅しません。
歯科医院での器具や器材による感染を防ぐためには「滅菌」を行わなければならないのです。

滅菌方法は?

一般的にはオートクレーブ(滅菌器)を使い、130℃以上の高温の蒸気によって器具や器材についている菌を死滅させます。
感染予防の先進国であるヨーロッパでは、歯科および口腔外科において使用される医療器具の滅菌に、最も厳しい小型高圧蒸気滅菌器の基準をクリアーしたクラスBの滅菌器の使用のみが推奨されています。

当院が導入している滅菌器クラスB【DACプロフェッショナル】は、その厳しいヨーロッパ基準を合格したものになります。
複雑な器具でも、隅々まで高温の水蒸気を行き渡らせ、あらゆる種類の細菌を死滅させ、安全・確実に滅菌することができるのです。

皆様に安心して治療を受けていただけるよう、パステル歯科医院ではクラスB「DACプロフェッショナル」を導入し、感染予防にも力を入れております。

DACプロフェッショナル


2015年8月 « トップへ » 2015年10月